親の身長が子供に遺伝していない|身長の予測計算が外れている

身長に対しての遺伝の影響は25%と言われています。

違う言い方をすれば75%は遺伝ではないので、環境因子によって変わってくるということ。

実際、遺伝以外の環境因子によってどれくらい変わってくるのでしょうか?

親の背が低いと、やはりそれなりまでしか伸びないのでしょうか?

親の身長から子供の身長を推測できるサイトがあったので計算してみたのですが、私の家族はかなり予測より伸びていたようです。

≪目次≫

1、親の身長から子供の身長を予測

2、親の背が低いと子供の背も低いのか

1、親の身長から子供の身長を予測

身長予測をできるサイトは、

スクスクのっぽくん

というサイトです。

こんな感じででます。

まず私たち夫婦とその息子の場合、

旦那(158cm)、私(160cm)

●遺伝による予測身長:165.5cm

●生活習慣や栄養バランスによる影響で想定される誤差:157.2~173.8cm

環境次第で16.6cmもの幅 があります。

でも、最大で約174cm。

これより高くなることは果たして難しいのでしょうか?

でも兄弟でかなりの身長差がある家庭もあります。

まさに私と妹がそうでした。

この身長差が気になったので、私の親の身長から予測身長を出し、成人した私たち姉妹の身長と比べてみました。

2、親の背が低いと子供の背も低いのか

私のうちの親の身長は、

父:173cm

母:153cm

なので、予測計算ではこのようになります。

予測される身長は、156cm。

そして、この親から生まれた3姉妹の最終的な身長は、

長女:160cm

次女:167cm

三女:173cm

全員、予測身長156cmを上回っており、二人は想定される中での最大身長すらも余裕で上回っています。

三女なんて

予測身長 +17cm

環境因子も含めた一番高い予想 +約10cm

グラフにして比較するとこんな感じです。

身長予測を上回っている

親の遺伝も関係はあるかも知れませんが、環境的要因もかなり大きいことが分かります。

母親と三女の身長差は 20cm

そして父親よりも1cm大きい

予測サイトの計算はあくまで目安であって、栄養的なものや生活習慣によってかなり身長が伸びる場合があるようです。

親の身長が低いと子供の身長も低い!

とは決めつけられませんね。

そうなると、やはり重要となってくるのが環境的因子の『栄養、睡眠、運動』です。

うちの息子は現在中学生になりましたが、できるだけ22時か23時には寝るように言っています。

塾などがあるとどうしても遅くなりがちですが、なんにもない時にはできるだけ早く寝るように言っています。

他の子の話を聞くと、0時や1時ころまでゲームをやったりスマホをいじったりしているようですが、ただでさえ遺伝的にはフリなので、環境因子だけは最大限生かしたいと思っています。

私の姉妹はみんなお米はそれほど好きではなく、おかずをたくさん食べる派でした。

男の子は白米とか炭水化物が好きなイメージがありますが、私たち姉妹はおかずばっかり食べてましたね。

それで栄養がよかったのかも知れません。

ただ、たくさん食べる姉妹だったので、成長期を過ぎて代謝が落ちたら横に成長していきました・・・。

うちの息子はおかずも食べますが、白米をかなり食べます。

そして量は食べますが、煮物が嫌いだったり厚めや脂のある肉が嫌いだったり、弾力があるイカやたこなどがだめだったり、かなり好き嫌いがあるため、栄養もできるだけバランスよく摂取できるよう、フィジカルBを飲ませています(体験談はこちら)。

フィジカルBは身長を伸ばすのに必要な栄養が入った栄養補助サプリです。

運動、栄養、睡眠はしっかりとって、最大限伸ばせるようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加