子供の成長サプリの種類・効果|総合・アルギニン・カルシウム・野菜

子供の成長を促すサプリメントにはさまざまなタイプがあります。

身長を伸ばすと言われている通称身長サプリは、「アルギニン主体のタイプ」「総合タイプ」です。

この他に、カルシウム補給を目的にしたものと、野菜の補給を目的にしたものがあります。

どれも特別成長を促す薬のようなものではなく、足りない栄養素を補うことで成長を促すという栄養補助食品です。

そのため、不足している子が補うことで成長を促す効果が期待できるのであって、栄養が不足していない子が過剰摂取をしても成長の効果は期待できません。

それぞれの特徴と代表的な物を紹介します。

≪目次≫

1、総合タイプ

2、アルギニン主体タイプ

3、カルシウムサプリ

4、野菜を補うサプリ

1、総合タイプ

総合タイプは、子供が成長するのに必要な一般的な栄養素がまんべんなく入っています。

カルシウム、マグネシウム、鉄、ビタミン、食物繊維などです。

中には成長ホルモンを刺激するアルギニン(アミノ酸)も入っている物もあります。

小学校高学年以降の成長期前であれば、アルギニンなどのアミノ酸はわざわざサプリから摂取しなくても比較的足りているようです。

14種類の身長サプリの栄養素を調べて検証した(記事はこちら)のですが、栄養素の配合量が多いのはこちらの二つです。

【フィジカルB】 【アスミール】
必要な栄養素に絞って多く配合。

アルギニンを含むアミノ酸も配合。

7歳以上が対象で中高生にも。

幅広い栄養素を多く配合。

DHAも配合。

幼児から小学校中学年頃までにおすすめ。

こちら二つの詳しい比較はこちらの記事で紹介しています。

2、アルギニン主体タイプ

成長期に不足しがちになるアルギニンなどのアミノ酸を主体にしたサプリです。

このタイプはその他の栄養素は少なくなっています。

アミノ酸だけ多くても骨は正常に作られていかないので、その他の栄養素を食物からしっかり取ったうえで、成長ホルモンを刺激するアルギニンを摂取するとさらに成長の助けになるようです。

アミノ酸をたくさん使って不足がちになるのは成長期である高学年以降なので、主に中学生や高校生向けとして売られている感じです。

下記の二つがアルギニン主体のサプリです。

Dr.Senobiru マックスノビール
9800円

アルギニン5000mg

クエン酸2100mg

アルギニンだけでなく他のアミノ酸もバランスよく配合。

5980円

アルギニン1000mg

クエン酸850mg

ボーンペップ、乳酸菌なども配合。

3、カルシウムサプリ

カルシウムの補給を目的としたサプリがあります。

そういったものは、カルシウムだけが入っているわけではなくカルシウムの吸収を助けるビタミンDや骨の形成を助けるマグネシウムが含まれています。

カルシウム単体だと吸収率が悪く、牛乳では40%の吸収率です。

カルシウムをまあまあ摂取する子でもビタミンDやマグネシウムを摂取できていないと思ったら、マグネシウムやビタミンⅮなどが入っているカルシウムサプリを一緒に摂取することで食べ物から摂取したカルシウムの無駄も減らすことができます。

ビタミンDは日光に当たることで生成されます。

外遊びを良くしている子の場合はわざわざビタミンDを摂取しようと思わなくても不足しにくいので、マグネシウムがしっかり入っているカルシウムサプリがいいと思います。

カルシウムサプリだから総合タイプより多くカルシウムが入っているとは限りません。

「せのびのたね」は調べた全サプリの中一番カルシウムが多いですが、他のカルシウムサプリは総合タイプと同じか少ないくらいです。

高い物もありますが、その他をあまり入れないことで値段を抑えているのがカルシウムサプリの特徴です。

せのびのたね ノビーノ
4980円

Ca:500mg
Mg:80mg
D:4μg

 2640円

Ca:400mg
Mg:50.7mg
D:0.5μg

詳しくはカルシウムサプリ比較記事で紹介しています。

4、野菜を補うサプリ

野菜不足を補うというサプリがあります。

こういったものにはビタミンと乳酸菌が入っている物が多いです。

タブレットと青汁タイプがあるのですが、青汁タイプにはだいたい乳酸菌が入っています。

ただ、上の3つのサプリと違い栄養がどれくらい取れるのか一日目安量との比較などが書いていない物が多いです。

書いてあっても極端に少なかったり。

野菜サプリだからと言って、総合タイプよりも野菜に関係する栄養が多く入っているわけではありません。

乳酸菌の量などは書いてあるので、乳酸菌を摂取してお腹の調子を整えるおまけとしてビタミンなども少し入っている?と思った方がいいかも知れません。

こちらの記事でも紹介しているのでよかったら参考にしてください。

野菜を補うタイプの中で栄養素量が明確に書かれているのはこちらです。


毎日美味しく続けやすい!【こどもフルーツ青汁】

ビタミンB群などは入っておらず偏りがありますが、乳酸菌も摂取できる野菜サプリタイプにするならこちらがいいと思います。

乳酸菌の摂取は気にしないなら総合タイプの方がビタミンやミネラルの量もしっかり入っていて野菜不足を補えます。

 関連記事 

●【徹底比較!】背が伸びるサプリメントランキング

●【体験談】子供用サプリメントフィジカルBを飲ませた効果

●ドクターセノビルvsカラダアルファvsフィジカルB【成長サプリ比較】効果の違いは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加