野菜嫌いで全然食べない子供の成長補助に|偏食を補う栄養補助食品

野菜嫌いな子の成長サプリ

幼児期、小学生問わず、野菜嫌いや魚嫌いなど好き嫌いは多いですよね。

うちの子は今小6でだいたいなんでも食べられますが、小さい頃は好き嫌いが激しかったです。

嫌いな物が分からないように調理して食べされられればいいですが、毎回毎回できるものではありません。

大きくなったら食べられるようになるものも多いです。

食べられるようになるまで、とりあえず栄養補助食で補うというのはどうでしょう?

栄養不足だと、病気になりやすいだけでなく、身長の伸びなどにも影響してきます。

昔から、ミロとかヤクルトとか、栄養補助的な物はありますよね。

そういったもので、もっといろんな栄養素を幅広く入れた栄養補助ドリンクやおいしいサプリがたくさんあります。

それらを特徴別に紹介します。

≪目次≫

1、野菜アピールタイプ

2、総合タイプ

3、カルシウム重視タイプ

4、まとめ

1、野菜アピールタイプ

野菜不足を補うための子供向け青汁です。

さまざまな50種類以上の栄養素を含むスピルリナを使われているため、ビタミンだけでなく、カルシウム、たんぱく質など多くの栄養素が入っています。

青汁系のタイプには腸内環境を整える乳酸菌などもしっかり含まれているのもが多いことが総合タイプとの違いです。

免疫調整機能を整える乳酸菌を取りたい場合には青汁タイプがよさそうです。

こどもバナナ青汁
980円(初回)
最低2回受け取り
60日間返金保障
お子様でも飲みやすいバナナ味の青汁です。

13種類の野菜と6種類のフルーツが入っており、一日一杯で十分な栄養を摂取できます。

栄養吸収率が驚きの95%というスピルリナも配合。

総合タイプには入っていない乳酸菌とビフィズス菌も含まれており、腸内環境も整えて健康をサポートします。

150億個の乳酸菌入り。

その他ビタミンなどについては配合量を書いておらず、一日一杯でOKと書かれているものの栄養素が実際にどれくらい入っているかは不明です。

一杯で一日の目安量の何%くらいを補給できるのかを電話で問い合わせましたが、「教えられない」との返答で、「野菜不足を補う物で」という返答のみでした。

定期2回目以降は3880円。

2、総合タイプ

野菜から取れるビタミンなどだけではなく、カルシウムやミネラルなどまざまな栄養をバランスよく配合しているタイプです。

成長を助ける栄養補助食品などと言われています。

こちらで紹介する二つは、比較記事で書いていますが、栄養量を実際電話で問い合わせたところ14社のサプリを調べた中でも1、2を争う栄養素の配合量でした。

うちはフィジカルB(マンゴーミックス味)の方が味が好みなのでそちらの方を買っています(こちらの記事参照)。

野菜不足やカルシウム不足など、一般的な栄養補助にはもってこいの栄養補助ドリンクです。

いろいろ入っており、栄養量も明確にしている分、お値段は高めとなっています。

アスミール フィジカルB
2050円(初回) 4980円
最低3回 回数縛りなし
返金保障なし 30日間返金保障
ココアドリンク マンゴーミックス味
ビタミン類、カルシウム、鉄などを配合。

たった一杯でそれぞれ一日に必要な栄養の70~123%を補えます。

絶妙な成長サポート力を実現するため、亜鉛、アルギニン、プラセンタがバランスよく配合されています。

お子様の記憶力サポート成分DHAも配合。

お子様でも飲みやすいココア味で、アイスでもホットでも飲めます。

2回目以降は3686円(税抜)

ビタミン、カルシウム、鉄分などをバランスよく配合。

ビタミン・鉄にいたっては、それぞれ一日に必要な栄養素の95%以上を配合。

消化吸収率95%を誇るスーパーフードスピルリナ(野菜)を使用しているため、吸収率もよいです。

栄養成分量が多いだけでなく、吸収率にもこだわった栄養補助ドリンクです。

成長に必要なアルギニンなどのアミノ酸9種も配合されており、成長期真っ只中である10代にも支持されています。

ちょっと栄養補助できればいいというのであれば、

月々2160円のセノビック

というのもあります。

アスミールと似ていますが、ココア味だけでなく、イチゴ味、ヨーグルト味、バナナ味、ポタージュ味から選べます。

こういった味がよければ、セノビックもいいと思います。

ただ栄養量は上記の半分以下なので、アスミールかフィジカルBの方が断然お得です。

⇒セノビックとアスミールの比較記事

3、カルシウム重視タイプ

カルシウムとカルシウムの吸収をよくするマグネシウムを中心にしたサプリです。

ビタミンなども入っていますが、量を少なめにしている分、総合タイプよりお安くなっています。

牛乳やヨーグルト嫌い、魚を食べない子で、カルシウムが心配な子向けです。

ノビーノカルシウム+ビタミン
990円(初回)
最低3回受け取り
ヨーグルト味タブレット
主にカルシウムをメインにした栄養補助サプリ。

1日2粒で、カルシウム400mg、マグネシウム50.7mg(カルシウムの吸収補助)。

小児(3~5才)の一日目安摂取量の66%のカルシウムが摂取できます。

ビタミン類もビタミンCは75%、その他もいくつか配合されています。

2回目以降は2640円。

4、まとめ

商品の特徴別に紹介しましたが、野菜を補いたい場合も全体的に補いたい場合も、私のおすすめは総合タイプです。

理由は、総合タイプであるアスミールとフィジカルBはどちらも一日に必要な分のうちのこれくらいが摂取できると公式ページで明確に書かれています。

分かりやすいように%で書かれているのでグラムでは載っていませんが、実際に問い合わせたら数字で量を教えてくれて、どちらもかなり入っていることが分かりました。

ただ、アスミールもフィジカルBもブログ等に記載しないでほしいと言われたので記載はできません。

予算的にはやはり高くなりますが、お金を払って飲むなら一日目安量の何%くらいが摂取できるのかしっかりかかれている総合タイプにするのがよいように思います。

でも、乳酸菌やビフィズス菌もとりたいのなら野菜を補う青汁系でもいいと思います。

カルシウムサプリに関しましては配合量が明確にされているので、カルシウム目的でしたら総合タイプにせずカルシウムサプリでもいいとは思います。

総合タイプの中で選ぶなら、

●幅広い種類の栄養素が入ってる方がいい

●甘いココア味(牛乳割り)は好み

【アスミール】

●ビタミンB1、B2,B6、が特に多く摂取したい

●アルギニンなどのアミノ酸も摂取したい

●牛乳が苦手

【フィジカルB】

このような選び方がいいと思います。

フィジカルBの方は30日間全額返金保証に加えて回数縛りがないので、一回だけ頼んでやめても差支えありません。

味の好みなどは人それぞれですから、できれば返金保証があったり継続のお約束がなかったりするところの方が安心ですよね。

 関連記事 

●【徹底比較!】背が伸びるサプリメントランキング

●【体験談】子供用サプリメントフィジカルBを飲ませた効果

●ドクターセノビルvsカラダアルファvsフィジカルB【成長サプリ比較】効果の違いは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加